New arrivals

朝起きてパッと羽織るだけ。

そのままのスタイルで1日過ごせる洋服のようなエプロン。

おうち時間も幸福感に包まれて...

icon product

one mile apron

みなさん、家事をする時にエプロンはしますか?

想像をしてみてください。お料理の油跳ね。終わった後のレンジ周りの汚れは、そのままお洋服にも飛んでいることを。

汚れを遮る、洗濯を増やさない、洋服の生地を痛めないなど、エプロンを纏うことで大切なお洋服を永くご愛用いただけます。そして、このエプロンのスタイリッシュさがワンマイル=ちょっとそこまで着てゆける、脱ぎ着することなく一日中着ていられる。そう、それはファッション性があるからこそ。

ITOCIのアイコンプロダクトone mile apronのご紹介です。

商品を見る

one mile apronに刺繍をしませんか

毎日使うものだから暮らしを変える1枚へ

one mile apron

3種類のエプロンがあります。

(one mile apronⅡ には入れられません)

刺繍の入れ方

◼︎お名前や店名、メッセージなど7文字以内の文字が入れられます。

・筆記体

・ゴシック体

上記2書体からお選びください。(英数字のみ、小文字も可能)

 

◼︎刺繍の色は、

・オフ白

・黒

からお選びください。 

 

◼︎刺繍をお入れする位置は、左胸になります。

 

◼︎ご注文からお届けまでに2週間ほど頂きます。

*混雑状況により、日数が前後致しますので、その都度ご連絡をさせて頂きます。

 

 

◼︎別途¥880(税込)掛かります。

 

刺繍オーダーはこちら

 

他、ご要望がありましたら出来る限り対応させて頂きますので、

ご気軽にお問い合わせください。

 

 

 

私達の手からお客様へ繋ぎ紡がれる

刺繍を入れたお客様から喜びの声を頂きました。

❝本日 商品届きました。妻も大喜びで大満足しています。素敵なエプロン そして 敏速な対応 ありがとう ございました。

大阪 K.M様

❝素敵なラッピングだったので、自分用だと言っていたのに、クリスマスまで開けずに置いてます。

夫婦2人の寂しいクリスマスですが、楽しみが出来ました。有難うございます🎄❞

兵庫 K.T様

1 4
  • ❝やっと出会えた理想のエプロン❞

    軽い、首に紐がかからない、けれど胸元もカバーできる、

    そして何よりかっこいい。

    スタイリッシュ。
    本当に一目惚れでした。

    出会いに感謝です。

    東京 A.H様

  • ❝「エプロン姿でちょっとそこまで」を叶えてくれました❞

    お料理をする時はもちろん大活躍ですが、今はエプロン姿でお買い物に出掛けます。

    忙しい私にとっては理想のエプロンです!ありがとうございます。

    東京都 Y.A様

  • ❝手になじんで掴みやすいですよ❞

    手にぴったりはまり、やかんやお皿、

    何でも取りやすい。

    熱さも感じませんね。

    とんがり帽は毎日ヘビロテです。

    神奈川 S.M

  • ❝凄く素敵で大人っぽいし気に入ってます❞

    私の手のサイズにぴったりすぎて、夫の手には入らないのが残念。

    メンズサイズも作って欲しいです。

    神奈川 M.B

  • ❝とんがり帽、とっても良い感じです❞

    大きさも使い勝手もバッチリ!

    ただ掴むのがもったいなくて、

    少し躊躇してしまいますが。。。笑
    使っていない時も、蓋の上にちょこんと、

    とても可愛いです。

    岡山 M.H様

1 5

私たちの取り組み

Circular Economy

<モノを作り販売するということ>

もっと読む

循環するBAG

1 4

Magazines

MAISON de C'est pas Graveは

書き物を読むように

お買い物をするサイトです。

【LIFE IS A JOURNEY】

旅をした時のドキドキ感やワクワク感と同じように日常を愉しむ「ちょっとしたヒントになること」など小冊子なイメージで書き綴っています。

ゆったりくつろぎながらお読みください。

1 3

about

Brand Story / それは古いマンションの一室から始まった旅でした

-女性に優しいサロン-

月に一度、身近で働く女性にフォーカスし、ざっくばらんにお話しを伺う連載《女性に優しいサロン》が始まります。

  • Spice of life

    第1回目に相応しい岡田さん(Oさん)。アパレルデザイン会社のCEOであり44歳の彼女は、ファッションデザイナーと薬膳フードデザイナーの二足のわらじを歩み始めました。数年前から薬膳の勉強を始めたきっかけは、幼少期から悩まされた虚弱がきっかけ、だそう。ですが、そうなった原因も...【前編】

    記事を読む 
  • Spice of life

    健康になったから言える、「不調を抱える人に寄り添いたい」と話す岡田さん。

    そして遠い未来、構想していることとは...【後編】

    記事を読む 
  • Spice of life

    第二回目のゲストとしてお迎えした方は、弊社ブランドのカタログを撮って頂いているカメラマンの恵美子さん。実はヌードフォトグラファーという特殊な環境で働く彼女から、さまざまな女性の身体のことについてお聞きしました。センセーショナルな内容も含みますが、私自身お聞きした事は知らないことばかり...さぁ、始めましょう【前編】

    記事を読む 
  • Spice of life

    早速聞き慣れない言葉で終わった前編。もう少し詳しくお伺いしましょう。

    なかなかマスメディアではお話し出来ないセンセーショナルな内容を含みます。【後編】

    記事を読む 
1 4
1 4
1 4