郷土の生地を使うことで繋がる | MASION  de C'est pas Grave

郷土の生地を使うことで繋がる

私の郷土は静岡です。

海、山、川、茶畑の自然いっぱいの所で

育ちました。

穏やかな気候、美味しい食べ物、

そしてのんびりした人たち。

私はそんな静岡が大好きです。

blog

(こんな景色を見て育ちました)

私の自然や植物好きは

ここで育まれたかもしれませんね。

 

実は静岡県西部の浜松という地域(遠州)は、

昔から繊維産業が盛んです。

江戸時代には日本有数の綿花栽培の農家さんが

たくさんありました。

私の育った家の近所にも

お蚕さんの紡績工場があり、毎日カタカタと

音を立てていた事を思い出します。

 

遠州織物として綿や麻の織物が有名です。

一部の機屋さんでは今では数少ない

シャトル織機を使い、こだわったもの作りを

している所もあります。

遠州織物の素朴なあたたかみのある風合いが

好きで、セパグラーヴのお洋服にも

よく使わせて頂きました。

現在は小規模な機屋さんだけが残り、

どこも厳しい状況下です。

大好きな郷土から産業が失って欲しくない。

ITOCIのブランドは遠州産の生地を使うことで、

微力ですが応援にも繋げていきたいと思います。

 

ブログへ戻る