着たいという感情 | MASION  de C'est pas Grave

baggyshorts

実はセパで使用した生地が何本か残っています。

捨ててしまうのは簡単ですが、勿体ない。

まだまだ使えるモノは再利用したい。

なんとか眠っている生地をうまく使いたいと、

ずっと頭の片隅でデザインを考えていました。

けれど、新しいデザインはちっとも

浮かびません...

それは世の中がザワついたまま落ち着かず、

新しいモノを買い足す気分に

ならないからでしょうか。

 

ですが、それは突然やってきたのです。

そこからは想像するだけでワクワクしながら、

パターンの線を引く。

デザインは頭の中。

早く着たい一心でそのまま縫製。

途中、紐の材質は何にしようかと何度も何度も

確かめながら、

最後紐を通せば

イメージ通りのものが出来上がりました。

 

<勿体無いという美学>

これからの時代、勿体無いという事は

地球に優しく持続可能な

循環型の世界には必要不可欠です。

身近にある勿体無いと思う「モノ」があれば、

そこには人間の想いが込められています。

 

そしてそれを丁寧に最後まで使うということが、

贅沢な「コトになることを

覚えておいてください。

 

「モノ」「コト」に対する敬意やリスペクトが

かけがえのない財産の

「トキ」へと繋がるのです。

 

 

縫製中、染色工場さんに何度も色のやり直しを

してもらった「コト」を思い出しました。

レオパード柄は色の組み合わせで、

大阪のおばちゃんにもなるし、

おしゃれなパリジャンにもなります。

微妙な色味をこだわる「コト」で、

お洋服にした時は大阪のおばちゃんにならないんですよww

派手だと思う柄も同系色でまとめれば、

品良い柄になるんです。

 

主役にも脇役にもなるスパイシーなbaggyshorts。

是非お試しあれ。